思春期のアスペルガーの性的関心、性的興味への対処法は?

ID-10043413

思春期のアスペルガーの性的関心、性的興味への対処法は?

アスペルガー症候群の子どもが思春期、青年期へと成長したときに、大きな問題となるのが、性についての意識、性的関心です。

思春期でのデリケートな話題に、アスペルガーの子ども本人は、まわりにうまく気をつかうことができず、性的興味から問題に発展することがしばしばあります。

スポンサーリンク

小学校高学年ころから始まる性の意識

小学校高学年になり、10歳前後になると、男女を問わず、異性に対する意識が芽生えはじめます。

更衣室が分かれたり、彼氏や彼女ができ、異性とつきあう人が現れたりして、日常生活のなかに性の話題が増えてきます。

アスペルガー症候群の子が性に対して正しい知識を持ち、人前で失礼のないようにふるまうことが大切になります。

性的関心、性的興味が高くなり始める小学校高学年をめどに、アスペルガー症候群の性の問題を、家族で考え始めましょう。

正しい性の知識を

アスペルガー症候群の子どもは、人の気持ちを察することが苦手な傾向があります。

そのため、思春期においても、友達がさけている話題でも、はっきりと口にしてしまうことがあります。

アスペルガーの子の性の話題を見過ごしていると、人前で裸になったり、人が嫌がる性的な発言をするなど、問題が起きやすくなります。

時機が来たら、正しい性の知識を伝えることが必要なのです。

子どもがひとりで悩まないように

性の問題は親にとっても子にとっても言い出しにくいことです。

しかし、その話題をさけていると、子どもは性の正しい知識がないためにひとりで悩み、不安や恐怖を抱えてしまいます。

まわりの大人の協力が必要なのです。

異性を怖がる

異性を意識し始めたとき、その気持ちをもてあまし、異性との交流に恐怖を感じてしまう子がいる。

ひんしゅくをかう

性の問題を意識しないまま育つと、性的な話題を大声で話して、友達からひんしゅくをかうことがある。

性衝動に悩む

思春期になり、性衝動を感じるようになったとき、自分がおかしいと考えこんでしまう。

▼関連記事

→アスペルガー障害の人の心の中とは?何を思って、どんなコトを考えているのか?

スポンサーリンク

正しい知識を教える

大人が隠し事をすると、子どもは性の問題を誤解したり、悪いことだと考えたりします。

なにもかも伝える必要はありませんが、社会生活に支障をきたさないよう、必要な知識は沿い得ましょう。

性の知識を教える

性衝動や性行動について、正しい知識を伝える。
学校の性教育だけに頼らず、家族でも話すことが必要。

男女の違いを教える

思春期以降、男女の違いが出てくることを伝える。
身体的な違いや、更衣室が分かれるなど。

父と母で協力

男性から話した方が抵抗のない話題と、女性の方がよい話題がある。
役割分担をするとよい。

悪いことではないと説明する

性的興味、性的関心は、悪いことではないことを説明する。
男女がともに暮らすことの大切さを聞かせる。

人前でしてはいけないことを伝える

性に関する行動を人前でしないよう指示する。
公の場で性器にふれてはいけないなど、具体的に教える。

将来について話す

恋愛、結婚など将来のことを話し合う。
本人が希望をもって暮らせるよう、悲観的な話はしない。

▼関連記事

→集団行動、集団生活が苦手なアスペルガー症候群の対処法とは?

家庭での話し合いに抵抗を示す場合は?

性の問題が恥ずかしいことだと感じて、親や家族でそれを話し合うことに抵抗する子がいます。

子どもが嫌がるのに無理に話そうとすると、性への苦手意識を強めてしまいます。

その場合は、兄弟や年上の友達から説明してもらうことも選択肢のひとつです。

それで抵抗が少なくなれば、家族での話し合いもできるようになります。

また、保健室の先生に協力してもらうのもひとつの方法です。

▼関連記事

→人の話を聞いていない、話がとまらない、アスペルガーの特徴について

→アスペルガーのこだわり例【身体にさわられることを嫌がる】

→人の気持ちがわからない、話がかみ合わない、アスペルガーの特性

スポンサーリンク

サブコンテンツ

このページの先頭へ