アスペルガー症候群は治療で治る病気なの?

ID-100213831

アスペルガー症候群は治療で治る病気なの?

「アスペルガー症候群という病気は治る病気なの?」という疑問を持つ親や大人が多いようです。

アスペルガー症候群は、発達障害のひとつであって病気ではありません。

スポンサーリンク

アスペルガーの子どもは、イメージ力や想像力、コミュニケーション能力の低さや社会性の乏しさがある一方で、記憶力や正確性などの点では優れている場合がよくみられます。

そういったアスペルガー症候群の人が持つ特性は、治すべきものではなく、ひとつの個性としてとらえるべきものです。

スポンサーリンク

本当に必要なのは治療ではなく、アスペルガー症候群という発達障害とちゃんと向き合い、子どもの長所を伸ばすように生活を送っていくことです。

アスペルガー症候群は「治す」のではなく「対応」していく

子どもたちは、ひとりひとり違う個性をもって生まれてきています。

同じアスペルガー症候群の子どもの中にも、それぞれ様々な性格、特性の子がいます。

子どもが持つ個性を見極め、その特徴、特性にあった対応をしていくことが大切です。

「アスペルガー」という枠に子どもを当てはめて、一辺倒に考えるのはやめましょう。

まず、子どものありのままの姿を受け入れることからスタートします。

子どもに寄り添うように、大人が歩み寄って対応していきます。

そのときに、アスペルガー症候群の一般的な対応法が参考になると考えてください。

スポンサーリンク

サブコンテンツ

このページの先頭へ