どんな人がうつ病になりやすいのか?性格・タイプなど

ID-10065923

真面目、のんびり、几帳面、マイペース、神経質、優柔不断・・・etc

人の性格はいろいろな特徴や種類があります。

スポンサーリンク

ところで、どんな性格の人がうつ病になりやすいのでしょうか?

今回は「うつ病になりやすい性格」についてお伝えします。

うつ病になりやすい性格とは?

昔から、躁うつ病や統合失調症(精神分裂病)などの精神病になる前に、その人の性格が病気を前もって”準備”していることが指摘されてきています。

これを「病前性格」といって、病気にかかりやすい性格といわれています。

うつ病になりやすい性格

うつ病になりやすい人の性格に共通することは、大きく次の3つがあります。

①理想の高さ
②責任感の強さ
③几帳面さ

これらの特徴をもった性格は「メランコリー親和型性格」といわれ、自分の日常生活や、社会の秩序に執着するタイプといえます。

一般に理想が高く、いつも自らを叱咤激励し、目標に駆り立てる特徴があります。

また、責任感も人一倍強く、几帳面で、礼儀正しく律儀で、上下関係や序列にも敏感なところがあります。

他人との衝突やトラブルを避け、全体の協調性や場の雰囲気を重んじるため、自分以外の他人に対しては献身的な面があります。

スポンサーリンク

どういうときにうつ病なるのか?

理想の高さ、責任感の強さ、几帳面さを持っている人ですが、引っ越しや大きな仕事の完了、定年退職といった、それまでの秩序や状況が大きく変化するときに、その変化にうまく対応できないことがあります。

これは専門用語で「インクルーデンツ(封入性)」と呼ばれ、自分の信じてきた秩序が脅かされているにもかかわらず、その中に閉じこもってしまい、秩序を乗り越えることができないものいわれます。

その変化は必ずしも一般的に「つらいもの」とは限らず、仕事の昇進・出世などの場合もあります。

新たな秩序、状況になじめないといった状態が続くと、うつ病が誘発されやすくなります。

日本の精神医学者の下田光造氏も、物事に執着しすぎる性格を「執着気質」と呼び、うつ病との親和性、うつ病になりやすい性格と考えました。

うつ病になりやすい性格とは逆の「マニー親和型性格」というものもあり、秩序に安定を求めず、事に対して臨機応変に対処するタイプとされています。

これは躁病、躁状態が優性である躁うつ病の病前性格とされています。

まとめ

うつ病になりやすい性格に、理想の高さ、責任感の強さ、几帳面さがあげられています。

いわゆる真面目な性格の人ほど、あるときを境に急にうつ病を発症するというケースが多くみられています。

そういった性格の人は、潜在的にうつ病になりやすいといえますので、ストレスを発散したり、心をリフレッシュすることを心がけましょう。

スポンサーリンク

サブコンテンツ

このページの先頭へ