うつ病を引き起こす2つの精神的な理由とは?

ID-100157605

うつ病を引き起こす2つの精神的な理由とは?

うつ病をおこす精神的な理由にはさまざまなものがありますが、その要因やきっかけには、身辺の変化が多く見られます。

うつ病の原因は、まだ完全には解明されていませんが、うつ病の発症を招く精神的な状況として、次の2つが考えられます。

スポンサーリンク

うつ病の原因となりやすい重荷状況

うつ病の発症に深く関連する状況のひとつは、大きな責任や問題を抱え込んでしまう「重荷状況」です。

精神的な重荷を抱え込んでしまうと絶望感に転ずることが多く、うつ病を引き起こす恐れがあります。

たとえば、男性では職場での昇進などが重荷状況となることがあります。

社長や重職についたために、その地位や責任の負担に耐えかねてうつ病になることがあります。

あるいは職場の移動や出向で、なれない業務や対人関係で悩み続け、ストレスからうつ病になるビジネスマンは思いのほか多くみられます。

一方、女性では夫婦の不和や家庭内の意識を解決しようと苦しんだ末に、うつ病になる例は少なくありません。

生きがいがなくなってしまう荷下ろし状況もうつ病の原因に

もうひとつが、責任を果たしたり、難題を解決した後のほっとした状況、つまり「荷下ろし状況」です。

スポンサーリンク

「ほっとする」ことはいいのですが、片付けた課題が生きがいや生活の中心であると、精神的な荷を降ろすのと同時に大事なものまで失ったかのような空虚感から、虚脱感に転じ、うつ病の要因となることがあります。

たとえば、娘が結婚し、家を離れたため、さびしさが絶望感に変わり、うつ病になった母親の例もあります。

昇格や子どもの結婚など、周囲がうらやましく思う出来事がうつ病の原因になる場合もあるのです。

うつ病のきっかけとなる出来事は、物質面での喪失や経済的な危機といったものは意外と少ないものです。

むしろ次のようなライフサイクルで身辺の変化などがきっかけになりやすいのです。

うつ病の発症に関する状況

【重荷状況】
大きな責任や問題が精神的な負担となっている状況、絶望感。

【荷下ろし状況】
責任を果たしたり、問題を解決し、放心状態になってしまった状況、虚脱感。

うつ病の原因やきっかけとなる出来事

次のような出来事も精神的な負担となり、うつ病が発症するきっかけとなることがあるので注意が必要です。

【仕事】
退職、就職、転職、出向、左遷、昇格、昇進試験、病気による欠勤と復職、研修、失態、大活躍、過労

【家庭】
家族間の葛藤、不和、別居、離婚、死別、子どもの自立、結婚、経済的困窮、引っ越し、新築、災害などでの家屋や財産などの損失

【健康】
妊娠、流産、出産、更年期、発病、服薬、事故

◆この記事は、赤坂診療所所長、精神保健指定医、渡辺登先生執筆・監修の「これでわかるうつのすべて(成美堂出版)」の内容を元に、当サイト編集事務局の心理カウンセラーが記事編集をしています。

スポンサーリンク

サブコンテンツ

このページの先頭へ