うつ病は認知行動治療の方が薬物療法より効果が高い?

ID-100365522

うつ病は認知行動治療の方が薬物療法より効果が高い?

イギリスやアメリカなどの国々では、認知行動治療[認知行動療法]がうつ病・不安障害治療の第一選択肢になっています。

認知行動治療の根拠(エビデンス)として、うつ病や不安障害の治療効果を示すデータが提示されています。

スポンサーリンク

うつ病の認知行動治療は薬と同じかそれ以上の効果

精神科医療はこれまで、従来の精神療法[カウンセリング等]と薬物療法を中心として行われてきました。

海外では近年、それらの治療法に加え、認知行動療法[認知行動治療]が盛んに用いられるようになってきています。

認知行動治療[認知行動療法]は薬物療法と同等の効果があるといわれ、効果の持続時間だけでみれば、薬物療法よりも長いことが認められています。

研究によるデータの裏付けによって、認知行動治療[認知行動療法]の重要性が高まっているのです。

アメリカとイギリスでは、うつ病と不安障害の治療ガイドラインで、認知行動治療[認知行動療法]が最初に行われるようになっています。

認知行動治療の効果には科学的な根拠がある

認知行動治療[認知行動療法]は、その治療効果が科学的に認められています。

スポンサーリンク

うつ病や不安障害の人が、標準的な認知行動治療[認知行動療法]を熟練したセラピストとおこなえば、半数以上の人が完治するという根拠があり、高い効果性があるとされています。

エビデンス・ベースド・メディスン[EBM]とは

エビデンス・ベースド・メディスン[EBM]とは、科学的根拠に基づく医療を意味します。

認知行動治療[認知行動療法]は、そのEBMにあたります。

具体的なデータがあり、それが根拠となって選択される治療法のため、認知行動治療[認知行動療法]は高い効果が期待できます。

認知行動治療[認知行動療法]はうつ病・不安障害の改善に高い効果を発揮するという、エビデンス[科学的根拠]が多くの臨床研究によって示されてきました。

海外の医療ガイドライン

海外のガイドラインに従えば、認知行動治療[認知行動療法]はうつ病・不安障害の第一の治療方法になります。

イギリスやアメリカでは医療ガイドラインによって、認知行動治療[認知行動療法]が自分の病気に適応するか、確認できます。

【イギリスのガイドライン】
イギリスのNICE[国立医療技術評価機構]が不安障害の医療ガイドラインで、認知行動療法、薬物療法の治療効果を認めている。とくに持続時間では認知行動療法を優位においている。

【アメリカのガイドライン】
アメリカのNIMH[国立精神衛生研究所]が、うつ病・不安障害の第一選択を薬物療法あるいは認知行動療法のどちらかとしている。また、アメリカ精神医学会は、パニック障害の治療について、薬物療法と認知行動療法hが優劣つけ難いとしている。

スポンサーリンク

サブコンテンツ

このページの先頭へ