うつ病の治療費はいくらかかる?高いの、それとも安い?

ID-10016997

うつ病の治療費はいくらかかる?高いの、それとも安い?

うつ病の治療で医療施設を訪れると、治療費はどの程度かかるものなのでしょうか。

おおよその目安ですが、うつ病の通院治療をした場合の治療費のシミュレーションをまとめて表にしてみました。

スポンサーリンク

この記事の一番下に、うつ病の治療費合計額(サンプル)を載せてますので参考にしてみてください。

初診時のうつ病の治療費は?

うつ病の治療費は出来高払いなので、どの程度の費用がかかったかは、会計が終わるまで患者さんには分かりません。

初診時は、どんな検査をするかにもよりますが、うつ病での治療費はおおよそ1万円程度になります。

この治療費は、国民健康保険や社会保険によって自己負担額が3割負担になりますので、実際に治療費として支払う金額は約3.000円になります。

また、総合病院などよりも診療所やクリニックの方が、同じ診療行為であっても経費は高くなるようです。

通院精神療法とは

うつ病などの場合、一般の診療科と違う専門的な診療行為として、「通院精神療法」があります。

この通院精神療法は、厚生労働省によれば「精神障害のために社会生活を営むことが著しく困難な通院患者に対して、または患者の著しい病状改善に資すると考えられる場合にあっては患者の家族に対して、医師が一定の治療計画のもとに危機介入、対人関係の改善、社会適応能力の向上を図るための指示、助言などの働きかけを継続的に行う治療法」と定められています。

通院精神療法は、週に1回を限度として算定することができます。

スポンサーリンク

薬代や入院時は、どのくらい治療費がかかる?

総合病院や診療所の多くでも、医師は院外処方せんを交付しています。

一般的には、受け取った院外処方せんを最寄りの保険薬局に渡し、薬を購入します。

通常、うつ病の薬代や調剤料などは、2週間分で6千円以上かかり、国民健保や社会保険などを用いて、その3割を自己負担額として支払うことになります。

また、うつ病の治療で入院したときの医療費は、月に約30万円になります。

この入院治療費以外にも、差額ベッド代などが必要になります。

うつ病の通院治療費のシミュレーション

【初診】
初診料 2,700円
通院精神療法 5,000円
処方せん料
 6種類以上の薬 680円
 7種類以上の薬 400円
精密検査代 +α円
——
初診時での合計費用 約10,000円
※国民健保(3割負担)=約3,000円
※社会保険(3割負担)=約3,000円

【再診】
再診料
 病院(200床未満) 600円
 診療所 710円
外来管理加算
 病院(200床未満) 520円
 診療所 520円
外来診察料(200床以上のみ)
 病院 700円
通院精神療法
 病院 3,300円
 診療所 3,500円
処方せん料
 6種類以上の薬 680円
 7種類以上の薬 400円
必要に応じた検査代 +α円
——
再来での合計
 診療所 約6,000円
 病院(200床未満) 約6,000円
 病院(200床以上) 約6,000円
※国民健保(3割負担) 約1,800円
※社会保険(3割負担) 約1,800円

——

これ以外に、保険薬局に支払う薬代もあります。

ここに示している費用はあくまでも一例です。

通院先の医療施設や症状によって異なる場合があります。

◆この記事は、赤坂診療所所長、精神保健指定医、渡辺登先生執筆・監修の「これでわかるうつのすべて(成美堂出版)」の内容を元に、当サイト編集事務局の心理カウンセラーが記事編集をしています。

スポンサーリンク

サブコンテンツ

このページの先頭へ